【noindexが邪魔をする】正しいrobots.txtの書き方【対処法】 | もやしほーむ 【noindexが邪魔をする】正しいrobots.txtの書き方【対処法】 | もやしほーむ

もやしほーむ

作成したプログラムの紹介や、日々の徒然について更新

【noindexが邪魔をする】正しいrobots.txtの書き方【対処法】

time 2022/06/18

【noindexが邪魔をする】正しいrobots.txtの書き方【対処法】

sponsored link

Google Search Console(通称サチコ)のカバレッジでエラーが出る

問題はここから起きました。

カバレッジの部分で、エラーが1つ出ていたのです。

リンク先は、「https://moyashihome.com/author/rabit/」でした。

これは、「白川秋が書いた記事」の一覧を表示するページで、ここのURLがブロックされているよと言った内容になります。

今、Google AdSenseに申し込んでいるところなので、リンクの不手際があっては大きなマイナス点となると思い、早急な対処をしなくてはと思いました。

robots.txtテスターでrobots.txtをテストする

robots.txtとは?

robots.txtとは、検索エンジンに収集されたくないコンテンツをクロールさせないようにするための制御ファイルのことを指します。

これによって、検索エンジンのクローラーに自分のサイトにとって重要であるコンテンツを中心としてクロールさせることができます。

※クローラーとは・・・ロボット型の検索エンジンがWeb上のファイルを収集するために作られたプログラムのことです。

robots.txtをテストする

このリンクの不手際を修正するには、調べた結果、robots.txtというものを修正してやる必要があることがわかりました。

こちらのサイトをご覧ください。

https://support.google.com/webmasters/answer/6062598?hl=ja

ここの、

robots.txtテスターを開く」をクリックしてください。robots.txtを編集できるサイトへと飛びます。

画面に飛んだら、プロパティ(URL)を選択してください。すると、そのプロパティ(URL)のrobots.txtファイルが読み込まれます。

現在の、robots.txtファイルの状況がでますので、これをダウンロードすべく、「送信」ボタンをクリックします。

この画面が出ましたら、1の更新されたコードをダウンロードから、robots.txtファイルをダウンロードします。

それを、ローカルファイルのWordpressのフォルダの一番上の階層にコピー、または、移動させます。

そして、このrobots.txtファイルを編集します。

# XML Sitemap & Google News version 5.3.3 - https://status301.net/wordpress-plugins/xml-sitemap-feed/
Sitemap: https://moyashihome.com/sitemap.xml

User-agent: *
Disallow: /wp-admin/
Allow: /wp-admin/admin-ajax.php

僕の場合は、「https://moyashihome.com/author/rabit/」がブロックされていましたので、これを回避するため、「Allow /author/rabit/」の一文を加えます。

# XML Sitemap & Google News version 5.3.3 - https://status301.net/wordpress-plugins/xml-sitemap-feed/
Sitemap: https://moyashihome.com/sitemap.xml

User-agent: *
Disallow: /wp-admin/
Allow: /wp-admin/admin-ajax.php
Allow: /author/rabit/

変更したら、サーバーにアップロードします。

次に、

この3番めを実行します。Googleに更新をリクエストするため、「送信」ボタンをクリックします。

これで、Googleの各種クローラーが、最新の情報を読み込んで、ブロックを外した状態のファイルを読み込んでくれるはずです。

読み込んでくれない場合も、翌日には反映されるので、少し気長に待ちましょう。

この他、プラグインの「All in One SEO」や「SEO SIMPLE PACK」などで、noindexの設定がされていることもありますので、都度、外して対応していきましょう。

また、

WordPressの「設定」の「表示設定」をクリックすると、「検索エンジンでの表示」という項目があります。ここでインデックスしないようにというところにチェックが入っている場合も、チェックを外してあげてください。チェックが入っていると「noindex」の対象となってしまいます。

インデックスの可否は、なるべくrobots.txtで行うようにしましょう。

robots.txtの例

大手サイトの書き方は、参考になります。もっといじりたくなったときは、参考にすると良いでしょう。

最後までお読みいただき誠に有り難うございました。応援いただけると励みになります。

sponsored link

down

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)




もやしほーむ

白川秋

白川秋

こんにちは。各種プラットフォームでのWordpress、EC-CUBEの使い方や、PHPプログラミングについて書いています。よろしくお願いいたします。



sponsored link

カテゴリー

表示できるコメントはありません。
2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930